菌をきちんと編#055

顎ニキビの繰り返しを止める最もシンプルな方法

 

「ずっと顎ニキビを繰り返している」

「顎ニキビを直すために色々な化粧品を試しているのに、良くならない」

 

 KINSではユーザー様から日々色々なお悩みをいただきますが、その中でも特に皆さんがお悩みなのが、顎ニキビ。

特に同じ部位に繰り返しできたり、生理前になるとひどくなる…といったように長く悩まされている方も多いようです。

 

大人の顎ニキビは、食生活やホルモンなど色々な要因が絡み合っています。

化粧品だけでは解決しづらい顎ニキビの、本当に有効なケアをKINSとともに考えていきましょう。

 

 

 

 

 

繰り返す顎ニキビ・本当の原因と対策

顎ニキビの原因は人によって様々で、たったひとつの答えを見つけるのは難しいもの。

同じ方でも色々な要因が絡み合っていることも多いのです。

 

しかしKINSコンシェルジュが多くの方のニキビ悩みを聞く中、アンケート内容と照らし合わせて見えてきた、ほとんどの方に共通する顎ニキビの要因がありました。

この要因は顎ニキビ以外にも、繰り返すニキビにお悩みの方の多くに共通していると考えられます。

 

そんなニキビの本当の原因を知り、確実な対策は何なのかも明らかにしていきましょう。

 

「糖質」と「乳製品」の大きな影響

「ニキビにはインナーケアが大切」とはよく言われますが、実際何をどうしたらいいのかは意外と明確に理解されていないことも。

KINSへのご質問でも、「肌荒れが気になるけど、何を食べたらいいの?」という声もよく見られます。

 

顎ニキビ対策として意識していただきたいのが、

 

  • 1.砂糖を含む甘いもの
  • 2.乳製品

 

この2つ。

 

顎ニキビを繰り返す方は、まずここを減らすようにみましょう。

 

実は「ニキビが気になる」「顎ニキビを繰り返している」というユーザーさんのアンケートでも、甘いものや乳製品を多く摂っているという傾向がよく見られます。

 

 

まず甘いもの=糖質は、実はニキビとは切っても切れない関係があるのです。

 

エネルギー源として必要な糖質ではありますが、問題は血糖値を上げやすいこと。

 

血糖値が急上昇すると、ホルモンバランスの変化の結果、皮脂分泌につながるという側面があるのです。

 

特に「白い砂糖(精製糖)」は血糖値の上昇が激しいため、その反動で血糖値を下げるインスリンというホルモンが分泌されます。

 

このインスリンが皮脂分泌を促すはたらきも持っているため、過剰な皮脂⇒ニキビへとつながる恐れがあるのです。

 

「チョコレートなどのお菓子を食べるとニキビができる…」なんてよく言われているのには、実は確かなロジックがあるのですね。

 

 

米、もち、うどん、ホットケーキ、チョコレート、ドーナツ、キャンディ、ケーキ、ジュース など……

 

こういった食べ物は特に糖質が高いものの代表例です。

 

多く摂っていると感じたら、お肌のために見直してみましょう。



(炭水化物の選び方はこちらの記事へ)

白い炭水化物と、茶色い炭水化物のおはなし。

 

そして2つめの、乳製品。

 

ヨーグルトなどは体に良いイメージもあると思いますが、実は乳製品には「アンドロゲン」という男性ホルモンが含まれます。

 

乳製品を摂りすぎてこのアンドロゲンが増えてしまうと、ホルモンバランスが乱れる原因に。

 

皮脂分泌にも関わる女性ホルモン・男性ホルモンが乱れることで、皮脂が過剰に分泌されてしまうと考えられます。

 

繰り返す顎ニキビにお悩みの方は、乳製品を摂りすぎていないかも気にしてみましょう。 

 

まずは1ヶ月など期間をきっちり決めて、砂糖や乳製品を意識してみてください。

食生活が原因で顎ニキビを繰り返していた方は、これだけで大きな変化が見られるかもしれません。

 

 

マスク蒸れも顎ニキビの原因?理由は菌との関係

最近は毎日するのが当たり前になっているマスクですが、

「マスクをするようになってから、顎ニキビが増えた」

こんなお悩みを感じている方も多いようです。

 

マスクをしている部分の顎ニキビとして考えられる原因は、マスクによる蒸れ。

 

 

「蒸れ」は実はお肌の菌たちにとっては、あまり良くないのです。

 

これは肌が蒸れると、お肌のphが「アルカリ性」に傾くため。

 

  • ・アクネ菌
  • ・マラセチア真菌

 

こういったニキビや肌トラブルと関係している菌は、実はアルカリ性のほうが増殖しやすいとされています。

 

アクネ菌は適切なバランスであれば、肌に潤いをもたらしてくれる大切な存在。

しかし過剰になってしまうとニキビを引き起こすことも。

 

「蒸れ」と「菌」の関係も知っておくことで、マスクによる顎ニキビを防ぎましょう。

 

マスクによる肌荒れの具体的な対策はこちら

マスクでの肌荒れ・ニキビの原因は「菌」?簡単にできる対策ガイド

 

 

美肌菌を整えることで顎ニキビを防ぐ

顎ニキビの原因と対策については

 

  • ・食事で皮脂を増やすものに気をつけること
  • ・マスク蒸れに注意する

 

といったことをご紹介しました。

 

これは「蒸れ」や「過剰な皮脂」が、ニキビの原因菌と関係していることもあります。

 

特に過剰な皮脂は、アクネ菌やマラセチア真菌の大好物。

アクネ菌やマラセチア真菌は皮脂をエサにして育つため、皮脂分泌が過剰だと菌バランスが乱れ、ニキビができやすくなってしまうので。

 

そしてマスクなどの蒸れによるphの変化でも、アクネ菌やマラセチア菌が増えやすくなることがわかってきています。

 

美肌菌が「わるさをする菌」を抑えてくれる 

食事などの他に肌の菌バランスで意識したいのが、「美肌菌」とも呼ばれる「表皮ブドウ球菌」。

 

表皮ブドウ球菌はアクネ菌と同様、肌の潤いやバリア機能にも関わっている菌です。

それだけでなく、表皮ブドウ球菌のバランスが優位だと、肌トラブルの原因となる菌が増殖しづらいとも考えられているのです。

 

普段のケアで菌バランスを意識していくことが、結果ニキビなどのトラブルが起きにくい肌へ導いてくれるのですね。

 

 

美肌菌のはたらきについては、こちらでも詳しく紹介しています。

美肌菌とは?化粧品に負けないスキンケア効果を菌の専門家が解説

 

 

もう顎ニキビに悩まない・菌ケアで強い美肌へ

 

繰り返す顎ニキビの対策は、食生活や菌バランスを意識することが大切とお伝えしました。

 

糖質や脂質、乳製品などを避けることでインナーケアはできますが、もちろんアウターケアも大切。

 

特に菌バランスを考えるなら、「美肌菌」を意識して作られた化粧品がオススメです。

 

 

美肌菌」と呼ばれる「表皮ブドウ球菌」を減らさないためには、強い洗顔料などで洗いすぎないことが大切

さらに、化粧品によく含まれる界面活性剤や防腐剤も、使いすぎは注意が必要なのです。

 

KINSでは菌バランスを意識して、マイルドな成分にこだわったスキンケアアイテムも提供しています。

 

KINS BOOSTERはこちら

KINS SERUMはこちら

 

 

また、サプリの定期購入「KINS BOX」では、半年ごとに肌の常在菌チェックができる「スキンテスト」もついてきます。

テスト結果で菌バランスを知って、ご自身に合った菌ケアを見つけてみてくださいね。

 

KINS BOXはこちら

KINS INSTAGRAM

インスタグラムでもたくさん発信しているので、覗いてみてくださいね。

今すぐインスタグラムを見る