#2 発酵食品がお肌を綺麗にするまで – KINS

#2 発酵食品がお肌を綺麗にするまで

目次

美味しく健康に!発酵食品の基礎知識

どうして発酵食品を食べると体に良いの?

1日1品以上の発酵食品を!オススメの摂取の仕方(リスト)

 

 

①美味しく健康に!発酵食品の基礎知識

発酵食品には、私たちの健康をサポートしてくれる菌が豊富に含まれています。

今回は菌ケアへの第一歩、発酵食品についてのお話です。

 

ぬか漬け、納豆、味噌、キムチ、ヨーグルト…、発酵食品と呼ばれる食品は私たちの身近なところに数多くあります。発酵とは、菌がある物質を別の物質に変化させることを指し、つまるところ、「菌のチカラを借りて加工された食品のこと」が発酵食品と呼ばれているんですね。

 

発酵とよく似た言葉で「腐敗」というものがあります。実はこの2つ、同じ現象を別の言葉で呼んだだけなのです。菌がおこなった活動のうち、私たちにとって有益なはたらきを「発酵」、有害なはたらきを「腐敗」と呼んでいるのです。

 

発酵食品は、私たちの生まれるずっと昔から世界各地で受け継がれてきました。その成り立ちは偶然の産物によるものも多く、当時の人たちは菌のはたらきが関わってきているなんて想像もしていなかったかもしれません。

 

近年の科学技術の発展によって菌の存在やはたらきが徐々に明らかになってきました。そこで、菌が豊富に含まれている発酵食品が今、世界中で注目されるようになったのです。

 

発酵食品は菌のチカラによって、おいしさが増したり保存期間が延びたりと、食材がもともと持っている以上の魅力が発揮されるのが特徴です。さらに、発酵食品は食べることによってカラダに良い効果もたくさんあることが明らかになっています。

 

つまり発酵食品を食べれば、美味しく健康になれるという訳です。

 

 

どうして発酵食品を食べると体に良いの?

発酵食品を食べることによって、健康や美容に良い効果があることは多数の論文によって紹介されています。その効果も「肌がキレイになる」であったり、「病気になるリスクが低くなる」であったりと様々。

 

発酵食品が私たちの健康に良い影響を与える、そのカギは「菌」にあります。

発酵食品に含まれている菌は善玉菌です。そのため、発酵食品に含まれている菌には食材を美味しく加工してくれるだけでなく、私たちの腸内フローラを整えてくれる効果もあるんです。

 

腸内フローラとは、私たちの腸内に住む数100100兆個以上の細菌たちのこと。顕微鏡で見た際に群生している菌たちがお花畑(フローラ)に見えたことからその名がつけられました。この腸内フローラに住む菌をケアすることで免疫力が向上したり、睡眠の質が向上したりと、様々な効果が得られることがわかっています。

 

一概に発酵食品と言っても、発酵を行なっている菌は様々です。乳酸菌をはじめとし、酵母菌、麹菌、納豆菌、酢酸菌など多種多様な菌たちによって発酵食品は作られています。

 

菌の持つチカラや特徴はそれぞれ異なります。

そのため食べた発酵食品に含まれていた菌によって、得られることが期待できる効果も異なってくるのです。例えば、納豆に含まれている納豆菌には心筋梗塞や脳卒中といった疾患にかかるリスクを低くする効果があり、キムチなどに含まれている乳酸菌には便秘解消や肌荒れ改善といった効果があります。

 

もしあなたが普段から食べている発酵食品があれば、どのような菌が入っていて、どのような効果があるのか調べてみるのもいいかもしれません。

 

 

1日1品以上の発酵食品を!オススメの摂取の仕方

KINSは1日1品以上の発酵食品の摂取をオススメしています。

それも、毎日同じ発酵食品ばかり食べるのではなく、毎日異なった発酵食品にチャレンジしてみることを推奨しています。

 

同じものばかりではなく、様々な発酵食品を食べたほうが良い理由は「多様性」にあります。腸内フローラは善玉菌の数が多いことも大事なのですが、多種多様な菌が生息しているということも重要になってきます。

 

と言っても、何が発酵食品なのかわからないという人も多いかと思います。そこで以下に代表的な発酵食品を挙げてみました。発酵食品を選ぶ際の参考にしてみてください。

 

《味噌、醤油、みりん、ぬか漬け、漬物、納豆、イカの塩辛、キムチ、メンマ、ヨーグルト、チーズ、ザーサイ、ピクルス、アンチョビ、サワークリーム、日本酒、甘酒、黒酢》

 

既に発酵食品であることを知っていたものもあれば、今まで発酵食品であるとは知らずに食べていたものもあったのではないかと思います。このリストを見ていただければわかると思いますが、日本食には発酵食品が多く使われています。

 

そのため、日本食中心の食生活をすれば、1日1品以上の発酵食品を摂るのも難しくないのではないでしょうか。

 

また、日本食の魅力はそれだけではありません。日本食は様々な食材が使われている点や、水溶性食物繊維や魚など腸内細菌に良い影響を与えてくれるものが多く含まれていた点から、菌ケアとして非常に理想的な食事です。

 

現代人はファストフードや加工食品の食べ過ぎによって、腸内フローラが乱れがちです。乱れた腸内環境は肌荒れや吹き出物の原因となってしまい、あなたが本来持つ美しさを損なわせてしまいます。

 

まずは明日の朝ごはんに発酵食品を食べてみてください。

それがあなたの菌ケアの第一歩となります。